darkmeteor’s blog

場末のライターの徒然日記

本当に役立つ就活戦線(職種・事務編)

◆会社を陰から支える立役者

近年は男性や高学歴の人も志望者が急増している事務職。決して目立ちはしませんが、会社の根幹を支えてくれている陰の立役者とも言える存在です。一見すると楽そう、というイメージがありますが、職種や会社によってはやりがいはたっぷり。ぜひ自分に合った事務職を見つけてみてください!

 

●総務

来客対応や電話応対、宅配便の受け取りや備品の補充、その他会社の全業務に関わる諸々の資料作成など、会社の細かな部分を一手に担っているのがこのお仕事。業界や会社によって担当する幅は更に広くなり、まさに社内の何でも屋さんと言えるポジション。一方で安定しており、長く働き続けやすい仕事でもあります。

【チャート分析】

始めやすさ:10

難易度:1

収入:1

やりがい:1

ワークライフバランス:7~10

向いている人:マジメにコツコツ働ける人、気配り上手な人

 

●人事・労務

就活でほぼ必ず出会うことになるのがこの人事担当。採用や社内制度の整備、人事評価など、人に関わる部分を一手に担っています。一見新卒採用の時期が忙しそうに見えますが、常に中途採用や入退職者の手続き、今後の制度改革などに追われるため、年間を通して様々な仕事を抱えています。

 【チャート分析】

始めやすさ:7

難易度:5

収入:4

やりがい:7

ワークライフバランス:6

向いている人:人とのコミュニケーションが好きな人、オンオフのメリハリがある人

 

経理

会社のお金の処理を一手に担う数字のスペシャリスト。会計伝票の起票や帳簿への記帳、各種請求、支払い、税理士・税務署対応、決算書作成など、お金にまつわる様々な業務を行っていきます。貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/S)を作ることも多く、会社を数字の目線で支えていくお仕事です。

 【チャート分析】

始めやすさ:8

難易度:5

収入:2

やりがい:3

ワークライフバランス:8

向いている人:計算や分析が得意な人、マジメで誠実な人

 

●秘書

よくある女性秘書のイメージのように、会社の役員や社長などのスケジュール管理のほか、会議や業務に必要な資料作成など、上司のトータルマネジメントをするのがこの仕事。多忙な上司を支える右腕的存在です。イメージ通り基本的には女性のお仕事。男性は殆どいません。

 【チャート分析】

始めやすさ:9

難易度:4

収入:3

やりがい:5

ワークライフバランス:7

向いている人:効率を意識して動ける人、分析力や発想力に優れている人

 

●法務・知財

法律関係のスペシャリスト。主に大企業などに多く在籍しており、契約にまつわる書類の作成や、法律視点からのアドバイス著作権(ライセンス)に関する取り決めの策定など、組織・事業の法律関連の業務を一定に引き受けます。基本的には弁護士資格が必須の場合が殆どです。

 【チャート分析】

始めやすさ:1

難易度:10

収入:9~10

やりがい:7

ワークライフバランス:5

向いている人:法学を学んだことのある人、ロジカルな思考がある人

 

●広報・IR

会社の情報などを社内外に発信していく役割を持つのがこの仕事。会社が新たな事業を始めたり、コラボレーションを行ったり、テレビで紹介されたり、様々なニュースが出た際にそれを発信していくほか、自分からメディアに営業をかけ、より効果的な情報発信をしていくことも多々あります。IRに関しては株式情報の公開を主としていて、上場企業には必ず在籍しています。

 【チャート分析】

始めやすさ:4

難易度:7

収入:6

やりがい:7

ワークライフバランス:6

向いている人:自ら行動できるような積極性のある人、明るい対応ができる人

 

●財務・会計

銀行と交渉しての資金調達や予算管理、資金運用(M&A)、投資など、会社の財政を支えているのがこの仕事。経理とも違った専門職のため、知識や経験が必須。支出や収益などを細かに分析・管理する重要なお仕事です。

 【チャート分析】

始めやすさ:1

難易度:8

収入:7

やりがい:3

ワークライフバランス:6

向いている人:専門知識を身に付けたい人、数字や分析力に自信がある人

 

◆目立ちはしないが重要な仕事

営業やクリエイティブと比べると華やかさには劣りますが、どれも会社が成長する上では欠かせない役割を持った仕事。だからこそ決して楽な職種はなく、重要なポジションということもあり、効率的に仕事を進める必要があるシビアな側面も持っています。 

とはいえ、営業やクリエイティブよりも落ち着いて仕事に取り組めるのもこの仕事の大きな特徴の一つ。生涯役に立つ専門知識が身に付き、会社を支えている実感を得られます。一方でAIの登場により職種自体が激減するとも言われているため、就職には注意が必要です。