場末のライターの徒然日記

なんとなく思ったことを気ままに。言葉を選ばない点は、何卒ご容赦くださいませませ。

読みたくなるポートフォリオ

ライターの就職・転職でよく見かける

ポートフォリオ」というフレーズ。

 

いわば作品集的な意味合いで使われることが多く、

前職やフリーランスで活動していた時の実績記事など、

「実務上の作品集」を指すケースがほとんどです。

 

採用企業側としては基本的な文章力をチェックする目的だったり、

媒体によっては表現力を見るためのものとして提出を求めています。

 

しかし「そもそも未経験だと提出できるポートフォリオなんてない…」

というライティング未経験の方も少なくないはず。

 

そこで今回はポートフォリオを作る上でのポイントをご紹介した上で、

人に読まれるポートフォリオの作り方をご紹介したいと思います。

 

◆読まれる文章、読まれない文章

採用を行っている企業にもよりますが、

ポートフォリオをチェックするのは人事担当ではなく、

実際に実務に就いているライターが行う場合がほとんどです。

 

「餅は餅屋」という言葉の通り、

人事よりライターが判断した方が確実に文章力が見抜けます。

 

そのため「ポートフォリオ」による判断は

ライター未経験の方が想像している以上にシビア。

下手なものを送ってしまうとひと目で選考から落とされる、

なんてことも十分にあり得ます。

 

では落とされるポートフォリオはどんなものなのかといえば…

 

  • テーマや目的が不明な小説やエッセイ、ブログ
  • 読み手への配慮に欠いた文章
  • 単純に読みにくい文章

 

など、その他にも様々な要素がありますが、

大きく括ると、この3つに集約されてきます。

 

●テーマや目的が不明な小説やエッセイ、ブログ

これに関しては「誰に向けて、どんな目的で、どんな工夫をして書いているのか」

という点が一切わからないので、通常、中身を読まれずして選考から落とされます。

 

商用のライティングは絶対と言っていいほど、

「対象」「目的」「設計」の3点を意識した執筆を行っています。

 

たとえば筆者のブログであれば…

 

  • 対象→「ライター志望の20代」
  • 目的→「情報提供」
  • 設計→「ライター採用のリアルを届ける」

 

といった具合にコンセプトメイキングを行い、これに沿って執筆をしています。

 

そのためこの3点が「読み始めてすぐに」分からないものは読み捨てられます。

恐らく面白くないと感じる文章の多くはこの工程が十分に構築できていません。

 

とはいえ小説のような形式になると伏線などの関係上、

早い段階からこれを伝えることが難しい場合もあります。

 

そのケースでは必ず上記3点が分かるようなコンセプトシートを同封し、

これを読んだ上で本文に目を通してもらうようにしてください。

 

説明が長過ぎるコンセプトシートは逆効果になるので、

なるべく具体的かつ簡潔にまとめると良いかと思います。

 

これができていれば「読まれもせず選考から落とされる」、

という最悪のパターンは避けられるかと思います。

 

●読み手への配慮に欠いた文章

あまり聞き慣れない表現や単語を文章の至るところで使っているもの、

特定の人を中傷するようなもの、過激な表現が多様されているものなどは、

読み手への配慮を書いた文章として読まれなくなる可能性が高いです。

 

特定の層にだけ響くような文章や、その都度意味を調べないといけないような文章は

「より多くの方に情報を発信する」というメディアの方向性と逆行していますし、

何より採用選考に送るものとしてはTPOの観点からもやや問題があります。

 

採用担当や企業のライターが見てどう思うか、

というポイントをしっかりと抑えることが大切です。

 

●単純に読みにくい文章

採用担当としてこれまで色々なポートフォリオを見てきましたが、

意外とこのミスをされている方が多い印象があります。

 

文章の上手い・下手以前に、全く改行をしていなかったり、

段落分けなどの工夫を怠っていたり、一文が異様に長かったりと、

単純に読みづらいものを提出される方がかなりの割合でいます。

 

普段目にするブログやニュースサイトを思い返していただくと、

ほぼ全ての記事が段落構造になっていて、見出しもしっかり付けられ、

一定の間隔で改行が行われているかと思います。

 

行が長くなればなるほど読み手は圧迫感を覚えますし、

話の転換点が一目で分かるほうが内容が頭の中に入ってきます。

 

未経験の方であれば文章力を気にしすぎても仕方ないので、

まずはこうしたレイアウトの部分をしっかりと意識した上で

ポートフォリオを作っていけば、選考通過率は上がるはずです。

 

●提出しても意味のないもの

意外と提出される頻度が多いもののため補足として書きますが、

学生時代に書いたレポートはポートフォリオとして認識されません。

 

レポートは学業の中で学んだ情報をまとめただけのものなので、

そもそもライティングの領域とは全く性質の違う文書になります。

社会人で言うところの「報告書」や「議事録」と同じ種類です。

※報告書や議事録を作品集とは言いませんよね…。

 

そのためどうしてもポートフォリオの提出が必要な場合は、

採用企業に連絡してポートフォリオなしで選考を受けられるか聞くか、

一つの文書としてまとめた自己紹介シートなどを送るのがベターです。

 

企業の捉え方や完成度にもよりますが、

自己PRとしても使える自己紹介シートは意外性もあり、

手にした担当者によっては十分にポートフォリオとして機能します。

 

◆人に読まれる文章を書こう

人に公開する以上、自分が面白いと思える文章ではなく、

人が読んだ時に読みやすい、面白いと感じるものを書くことが大切です。

 

採用担当からしても、相手が未経験であることが明らかな場合は

いきなり高いライティングスキルを求めることはありませんので、

まずは小手先の表現や文法などに惑わされず、

読みやすいレイアウトを意識した文章を作ってみましょう。

 

いくら内容が面白くても人に読まれなければ意味がありません。

すでにポートフォリオがある方も、これからポートフォリオを作る方も、

ぜひこの点を意識して、作成・修正を行ってみてください。

 

徐々に選考通過率が上がっていくのを実感できるかと思います。